頻尿・生理痛・更年期の不調が専門のはり灸院
アイリスはり灸院
電話する

子宮腺筋症の患者さんの声

「子宮腺筋症と診断されて、ホルモン剤を勧められたのですができるだけ薬が飲みたくなかったので以前から興味があった鍼を受け始めました。話をちゃんと聞いてくれるので、毎回安心して治療を受けることができます。出血量が少なくなってきて生理痛が以前に比べるととてもラクになっています。できるだけ手術は避けたいと思っていたので、ありがたいです。」(S様 40歳代)

患者さんの感じている主な症状

  • 子宮腺筋症による生理痛
  • 生理後の下腹部の痛み
  • 排卵期の下腹部の痛み
  • 下痢になりやすい
子宮腺筋症の治療例
お腹の鍼とお灸の様子

子宮腺筋症では強い生理痛で

お困りの方がとても多いです。

 

 

 

40歳以降になると病院では

薬や注射によるホルモン療法が

勧められることが多いようです。

 

 

 

30歳代まではピルによる治療で

比較的副作用が少ないのですが、

 

 

 

 

ホルモン療法では人によりますが

強い副作用がツラく感じる方も

少なくないようです。

 

 

 

 

Sさんは生理痛の強さもありましたが

生理後から排卵期にかけての痛みも強く

痛み止めが手放せなくなっていました。

 

 

 

 

東洋医学に基づいた診方では

もともと「気」エネルギーが少なく

血液や体液(水分)を循環させる力が

低下して滞りが起きやすい状態でした。

 

 

 

 

むくみとお血の両方を

取り除きながら、

主に下腹部を中心とした下半身の

循環を促す治療をメインとしました。

 

 

 

 

Sさんは鍼灸を始めた後に

漢方薬も取り入れて体質改善を

積極的になさっています。

 

 

 

ここ数か月ご来院時には

痛みがほとんどなく経血量も減っていて

ラクに過ごせているとお話されています。

 

 

 

 

「このまま閉経まで行けそうです…」

と嬉しそうなご様子です。

 

 

 

 

当院は、子宮腺筋症の方への治療を

専門としております。

 

 

 

 

私自身も酷い生理痛で倒れた事が

何度もあり、患者さんの気持ちにたって

治療に力を注いでいます。

 

 

 

 

子宮腺筋症でお困りでしたら

どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

当院のホームページ

子宮腺筋症」もどうぞ

ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

アイリスはり灸院 鍼灸師 赤岩優子