頻尿・生理痛・更年期の不調が専門のはり灸院
アイリスはり灸院
電話する
 · 

内膜症への鍼灸治療

骨盤内を整えるお灸
骨盤内を整えるお灸

内膜症の主な症状は

  • 月経時以外の下腹部痛
  • 月経痛
  • 妊娠しずらい

などがあります。

 

 

 

 

内膜症が起きる要因は

  • 月経血の逆流
  • ホルモンのバランス
  • 免疫機能の不具合

などが考えられています。

 

 

 

 

月経血の逆流は

90パーセントの女性に起きています。

 

 

 

 

 

また、内膜症の方は腹水が多く

そこに免疫の異常が起こると

考えられています。

 

 

 

 

子宮腺筋症の鍼灸治療では

中心が血流を促すことで

お血をとることですが

 

 

 

 

内膜症もお持ちの方は

同時に「水」の循環も整え

不要な「水」を排出することも

必要な治療です。

 

 

 

 

 

内膜症の方は

水分を排出する力が弱く

むくみやお腹を下しやすい方が

多いようです。

 

 

 

 

当院では

「血流」と「水の排出」を中心に

内膜症の方へ鍼とお灸を組み合わせます。

 

 

 

 

内膜症でお困りでしたら

どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

アイリスはり灸院 鍼灸師 赤岩優子